医療事務の用語集

あ行

医局・・・・・医師たちが事務処理や休憩をする控え室のような場所のこと。大学病院や総合病院のような大病院では診療科目ごとに設置されています。

か行

外来指示票・・・・・外来診療で日常的に行われる医療行為をそれぞれの保険点数が分かるような形式で一覧にしたもの。

カルテ・・・・・患者さんの診療の経緯が全て記載される書類(診療録)。

公費負担診療・・・・・原爆被爆者や生活保護を受けている方などへの診療で、診療費の一部または全部を国が負担します。

さ行

自由診療・・・・・保険が適用されない、全額患者負担の診療です。

自由診療機関・・・・・保険が適用されず、患者さんが診療費の全額を支払う医療機関。

診療報酬請求書・・・・・その月のレセプトを全て集計した一枚の書類。

診療報酬点数表・・・・・レセプト(診療報酬明細書)は診療内容などを項目別に点数で置き換え、保険者に診療費を請求するための書類ですが、この診療内容などを項目別に点数で記している書類が診療報酬点数表です。診療報酬点数表は医科・歯科・調剤ごとに異なり、通常2年ごとに改定されます。

は行

返戻・・・・・審査支払い機関に提出したレセプトに誤りや不備が見つかると、医療機関にレセプトが差し戻される。このことを返戻(へんれい)と言う。

保険医療機関・・・・・医療保険が適用され、患者さんが診療費の一部を支払い、保険者(国、組合、市町村 erc.)が残りの診療費を支払う医療機関。

保険診療・・・・・保険が適用され、患者は何割かの負担で残りは保険者(市町村)が負担する診療。

ら行

レセプト・・・・・診療報酬明細書のこと。医療機関では、保険診療の場合、患者さんと保険者(市町村、組合、政府 etc.)の二者に診療費を請求しますが、保険者に診療費の請求をする場合、明細書を作成しなければなりません。この明細書がレセプト(診療報酬明細書)です。

レセプトコンピューター・・・・・診療報酬を計算するコンピューターのこと。医師が診療行為を記した伝票をもとにコンピューターで入力し、簡単に診療報酬を計算することができる。


医療事務の基礎知識

医療事務の資格

医療事務の講座

TOPページへ戻る

医療事務の資格を取得するには・・・

 

医療事務の資格を取得するには医療事務講座を開設するスクール(通学・通信)で勉強するのが早道です。

ですが、スクールによって取得できる資格やサポート体制は異なります・・・。

そこで、各スクールの比較が必要になります!

以下に代表的なスクールをご紹介しますので、資料を取り寄せて比較してみてください!

ニチイ ・・・・・開講40年、修了生60万人以上の実績!メディカルクラーク資格の取得を目指せます。就業サポートが充実!

・・・・・医療事務認定実務者(R)の取得を目指せます。

ヒューマンの通信講座 『医療事務』・・・・・医療保険士、診療報酬請求事務能力認定試験の合格を目指せます! 

サブコンテンツ

このページの先頭へ