歯科医療事務(歯科助手)の資格

メディカルクラーク (歯科) (医療事務技能審査試験 歯科)

□ 医療事務技能審査試験 歯科は、一般財団法人 日本医療教育財団が実施する資格試験(昭和49年~)です。

□ 合格者には「メディカルクラーク」(歯科)の称号が与えられます。

□ 医療機関等における受付業務、診療報酬請求事務業務に関する知識・スキルが問われる資格試験です。

□ 受験資格はなく、誰でも受験できますが、試験に対応するテキストが市販されていないため、独学では難しいかもしれません。

平均合格率は59.6%(平成24年7月~平成25年3月)

※ 対応講座・・・・・ニチイ学館


診療報酬請求事務能力認定試験 (歯科)

□ 診療報酬請求事務能力認定試験(歯科)は、公益財団法人日本医療保険事務協会が実施する資格試験です。

診療報酬請求事務を正しく行うのに必要な能力を認定する試験です。受付での接遇マナーなどについての出題はありません。

□ 試験に対応したテキスト&問題集が市販されていないので、独学では難しいかもしれません。

平均合格率は38.3%(平成29年7月現在)。


医療事務管理士 (歯科) (医療事務管理士 技能認定試験 歯科)

□ 医療事務管理士 技能認定試験(歯科)は、㈱技能認定振興協会が実施する資格試験です。

□ 試験の合格者には「医療事務管理士」(歯科)の称号が与えられます。

□ 医療保険制度や診療報酬の仕組みを理解し、正確に診療報酬を算定できる知識・スキルが問われます。

□ インターネットに繋がったパソコンがあれば、いつでもどこでも試験を受けることができます。※ 会場受験もあり

□ 試験の合格率は70%前後です(直近6回の試験の結果)。

※ 対応講座・・・ユーキャンソラスト


歯科保険請求事務技能検定試験

□ 日本医療事務協会が実施する資格試験です(昭和50年~)。

□ 歯科医院での請求事務業務に必要な知識と技能レベルが審査されます。

平均合格率 96.8 %。 資格取得の難易度は低いと言えるでしょう。

□ 履歴書資格欄に「日本医療事務協会主催 歯科保険請求事務技能検定試験 合格」と記載できます。

※ 対応講座・・・日本医療事務協会


歯科助手資格

□ 一般財団法人 日本能力開発推進協会指定の認定校で学習した方が対象です。

患者接遇、診療介助などの歯科医師のサポート、レセプト作成などの知識・スキルを備えていることを証明する資格。

□ 合格者には「歯科助手資格」の称号が付与されます。

□ 試験の合格率は不明。

※ 対応講座・・・キャリアカレッジジャパン


医療事務の資格 (病院・クリニックで働きたい方向け)

調剤薬局事務の資格

医師事務作業補助者の資格

医療事務の講座

医療事務の基礎知識

TOPページへ戻る

医療事務の資格を取得するには・・・

 

医療事務の資格を取得するには医療事務講座を開設するスクール(通学・通信)で勉強するのが早道です。

ですが、スクールによって取得できる資格やサポート体制は異なります・・・。

そこで、各スクールの比較が必要になります!

以下に代表的なスクールをご紹介しますので、資料を取り寄せて比較してみてください!

ニチイ ・・・・・開講40年、修了生60万人以上の実績!メディカルクラーク資格の取得を目指せます。就業サポートが充実!

・・・・・医療事務認定実務者(R)の取得を目指せます。

ヒューマンの通信講座 『医療事務』・・・・・医療保険士、診療報酬請求事務能力認定試験の合格を目指せます! 

サブコンテンツ

このページの先頭へ