診療報酬請求事務能力認定試験(歯科)

■ 診療報酬請求事務能力認定試験(歯科)は、公益財団法人日本医療保険事務協会が実施する資格試験です。

診療報酬請求事務を正しく行うのに必要な能力を認定する試験です。患者応対などの接遇マナーは問われません。

■ 試験に対応したテキスト&問題集が市販されていないので、独学では難しいかもしれません。

平均合格率は38.3%(平成29年7月現在)。

資格概要 診療報酬請求事務に従事する者の資質の向上を図るため、 実施する 全国一斉統一試験。
受験資格 特になし
試験日程 毎年2回 (7月と12月の日曜日または祝日)
受験科目

■ 学科試験・・・・・20問(5者択一式のマークシート方式)

■ 実技試験・・・・・診療報酬明細書(レセプト)作成(外来 3問)

※ 診療録(カルテ)から手書き方式で診療報酬明細書(レセプト)を作成する試験。

出題範囲

■ 学科試験

① 医療保険制度等・公費負担医療制度の概要

② 保険医療機関等・療養担当規則等の基礎知識

③ 診療報酬等・薬価基準・材料価格基準の基礎知識

④ 医療用語及び医学・薬学の基礎知識

⑤ 医療関係法規の基礎知識

⑥ 介護保険制度の概要

■ 実技試験

診療報酬請求事務の実技

時間 学科試験・実技試験 合計 3 時間
試験場所 札幌市、仙台市、さいたま市、千葉市、東京都、横浜市、新潟市、金沢市、静岡市、名古屋市、大阪府、岡山市、広島市、高松市、福岡市、熊本市、那覇市
受験料 7,500 円(税込)
合格発表 試験月の翌々月末までに、全受験者に文書で通知。
主催団体

公益財団法人 日本医療保険事務協会

〒101-0047 東京都千代田区内神田 2-5-3 児谷ビル

電話 03(3252)3811(代) FAX 03(3252)2233

http://www.shaho.co.jp/iryojimu/

備考 試験会場への診療報酬点数表、その他の資料の持ち込みは自由。

試験データ

実施回 受験者数 合格者数 合格率
46回(2017年7月) 70名 25名 35.7%
45回(2016年12月) 123名 42名 34.1%
44回(2016年7月) 82名 28名 34.1%
43回(2015年12月) 143名 49名 34.3%
42回(2015年7月) 66名 23名 34.8%

歯科医療事務(歯科助手)の資格

絶対知っておきたい医療事務の基礎知識

医療事務の資格

医療事務の講座

TOPページへ戻る

医療事務の資格を取得するには・・・

 

医療事務の資格を取得するには医療事務講座を開設するスクール(通学・通信)で勉強するのが早道です。

ですが、スクールによって取得できる資格やサポート体制は異なります・・・。

そこで、各スクールの比較が必要になります!

以下に代表的なスクールをご紹介しますので、資料を取り寄せて比較してみてください!

ニチイ ・・・・・開講40年、修了生60万人以上の実績!メディカルクラーク資格の取得を目指せます。就業サポートが充実!

・・・・・医療事務認定実務者(R)の取得を目指せます。

ヒューマンの通信講座 『医療事務』・・・・・医療保険士、診療報酬請求事務能力認定試験の合格を目指せます! 

サブコンテンツ

このページの先頭へ