メディカルクラーク(医療事務技能審査試験 医科)

■ 医療事務技能審査試験(医科)は、一般財団法人 日本医療教育財団が実施する試験です。

■ 試験合格者には「メディカルクラーク」の称号が与えられます。

■ 約40年の歴史を持つ最大規模の全国統一試験。総受験者数152万人、合格者数約85万人以上、年間受験者約2万人。

診療報酬請求事務業務窓口業務(受付業務)など医療事務職として求められる能力を備えていることを証明する資格試験。

合格率 67.2%(2014年度)。

■ 受験資格はありませんが、テキストが市販されていないため、独学では難しいかもしれません。※ 問題集はニチイ学館のサイト で購入可能。

対応講座 介護と医療の「まなびネット」のオンライン資料請求(ニチイ)

資格概要 医療事務業務に従事する者の知識および技能の程度を審査し、証明することにより、医療事務職の職業能力の向上と、社会的経済地位の向上に資することを目的として実施。
受験資格 特になし
試験日程 年 12 回 (毎月)
試験内容

①実技試験 I ・・・・・患者接遇 筆記(記述式) 2問 50分

窓口や電話での対応についてです。患者さんから問い合わせがあった場合などにどのように対応するか、400字程度の文章で答える問題が2題出題されます。

②学科試験・・・・・医療事務知識 筆記(択一式) 25問 60分

3択問題で、医療保険制度、公費負担医療制度、診療報酬算定の問題など幅広い分野から25題出題されます。

③実技試験 II ・・・・・診療報酬請求事務 明細書点検 4問 70分

4枚のカルテをもとにそれぞれ作成されたレセプト4枚を突き合わせし、誤りを訂正するという内容です。

出題範囲

■ 学科

1.医療保険制度

2.高齢者医療制度

3.公費負担医療制度

4.介護保険制度

5.医事法規一般

6.医事業務

7.下記のいずれか一つの科目を選択

・診療報酬請求業務

・医学一般

・薬学一般

・診療録

■ 実技Ⅰ

コミュニケーション(医事課患者応対)

■ 実技Ⅱ

診療報酬請求事務・・・医科診療報酬明細書(出来高請求)の点検

時間

3時間

①実技試験 I (50分)⇒ ②学科試験(60分)⇒ ③実技試験 IIの順に行われます。

途中休憩はなく、3時間ぶっとうしで行われます(途中、お手洗いで席を外すのは可)。

試験場所 各都道府県内の公共施設等
受験料 7,500円(税込)
合格発表

試験日から約1ヵ月後に郵送で通知。

実技試験 I ・II および学科試験の各々の得点率が70%以上で合格

主催団体

一般財団法人日本医療教育財団

〒101-0064 東京都千代田区猿楽町 2-2-10

TEL:03-3294-6624(代) FAX:03-3294-1787

http://www.jme.or.jp/

備考

試験はテキストの持ち込み自由。

ただし、 実技Ⅰの試験は教材の持ち込みができません。


絶対知っておきたい医療事務の基礎知識

医療事務の資格

医療事務の講座

TOPページへ戻る

医療事務の資格を取得するには・・・

 

医療事務の資格を取得するには医療事務講座を開設するスクール(通学・通信)で勉強するのが早道です。

ですが、スクールによって取得できる資格やサポート体制は異なります・・・。

そこで、各スクールの比較が必要になります!

以下に代表的なスクールをご紹介しますので、資料を取り寄せて比較してみてください!

ニチイ ・・・・・開講40年、修了生60万人以上の実績!メディカルクラーク資格の取得を目指せます。就業サポートが充実!

・・・・・医療事務認定実務者(R)の取得を目指せます。

ヒューマンの通信講座 『医療事務』・・・・・医療保険士、診療報酬請求事務能力認定試験の合格を目指せます! 

サブコンテンツ

このページの先頭へ