ニチイ学館の調剤薬局事務 通学講座

医療事務とは

ニチイ学館の調剤薬局事務 通学講座は短期間(標準2ヵ月)で調剤薬局事務に必要とされる知識とスキルが学べます。

修了試験に合格し、申請手続きを行うと一般財団法人 日本医療教育財団が認定する「調剤報酬請求事務技能認定」資格を取得できます。

なお、ニチイ学館では調剤薬局事務の通信講座も開講されています。

短期間(標準2ヵ月)で調剤薬局事務に必要とされる知識とスキルが学べます。

短期間(標準2ヵ月)で調剤薬局事務に必要とされる知識とスキルが学べます。

具体的には以下のような内容が学べます。

  • 医療保障制度の知識
  • 受付窓口で必要とされる接遇マナー
  • 調剤報酬点数表について
  • 調剤録の作成方法
  • 窓口での患者一部負担金の計算方法
  • 調剤報酬明細書(レセプト)の作成方法
  • 調剤報酬明細書(レセプト)の点検方法
  学習内容
第1回 医療保険の分類、健康保険法、被保険者証の見方など、医療保険制度の基本を学習します。
第2回 医療保険の種類と後期高齢者医療制度、公費負担医療制度などを学習します。
第3回

調剤報酬明細書に必要な保険情報を確認します。

さらに医療従事者として必要な患者接遇マナー、個人情報保護法などを学習します。

第4回

医療保険制度と患者接遇マナーの理解度を確認し、知識の習得をより確かなものにします。

さらに調剤報酬算定で必要な、薬剤計算・保険医療材料の計算方法を学習します。

第5回 処方せんの記載と保険調剤薬局での取り扱いについてみていきます。調剤報酬点数表を学習します。
第6回 調剤報酬点数表と調剤録作成を学習します。
第7回

処方せんから調剤録を作成し、窓口での患者一部負担金の計算を学習します。

処方せんと調剤録から、調剤報酬明細書作成を学習します。

第8回

調剤報酬明細書と処方せんを突き合わせて点検を行い、誤り箇所を訂正します。

基本接遇マナーと調剤報酬の知識の習得により、保険調剤薬局での窓口・会計応対を見ていきます。

最後に修了試験を解き、技能習得を確実なものにします。

「調剤報酬請求事務技能認定」資格を取得できます。

修了試験に合格し、申請手続きを行うと一般財団法人 日本医療教育財団が認定する「調剤報酬請求事務技能認定」資格を取得できます。

この資格は、調剤報酬請求事務の従事者として必要な知識と技能を有していることを証明するものです。

取得可能な資格 調剤報酬請求事務技能認定
標準学習期間 2ヶ月(2.5時間×8回 or 5時間×4回)
受講料(税込)

44,230円

※ 分割払い可(3・6・10・15回)。

就職サポート なし
開講している都道府県

北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、新潟、富山、石川、福井、長野、東京、千葉、神奈川、埼玉、栃木、山梨、岐阜、静岡、愛知、三重、大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山、福岡、佐賀、熊本、大分、宮崎、沖縄

※ 2017年10月現在

教材・・・・・テキスト「医療保険制度と接遇マナー編」、テキスト「調剤報酬編」、マイベストノート(演習問題集)、保険薬早見表

なお、以下の都道府県で開講されています。

北海道 北海道
東北 青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島
北信越 新潟、富山、石川、福井、長野
関東 東京、千葉、神奈川、埼玉、栃木、山梨
東海 岐阜、静岡、愛知、三重
関西 大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山
中国・四国  
九州・沖縄 福岡、佐賀、熊本、大分、宮崎、沖縄

資料請求【無料】 介護と医療の「まなびネット」のオンライン資料請求(ニチイ)


調剤薬局事務の通学講座

調剤薬局事務の通信講座

調剤薬局事務の資格

TOPページへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ