調剤薬局事務の通学講座を比較!

医療事務とは

調剤薬局事務の通学講座を比較しています。

取得できる資格、受講料、学習内容、サポート体制などを比較検討できます。

「通学講座で調剤薬局事務のスキルを身につけたい!」という方はぜひ参考にしてみてください。

医療事務の通学講座を徹底比較!(病院・診療所で働きたい方向け)

歯科医療事務の通学講座を徹底比較!

医師事務作業補助者の通学講座を徹底比較!

日本医療事務協会

取得可能な資格 調剤報酬請求事務技能検定試験
標準学習期間

2週間 ~ 1ヶ月(3時間×5回)

※ 受講有効期間は1年間です。

受講料(税込)

41,040円

※ クレジットカードによる分割払い可。

講座の特徴

● 最短3日間(5時間×3日間)で調剤薬局事務に必要な知識とスキル(医療保険と薬の知識、レセプトの作成方法)を学べます。

就職サポートがあります。

● 1年間授業受け放題。

開講されている都道府県

北海道、宮城、山形、秋田、青森、福島、岩手、東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、山梨、静岡、愛知、大阪、兵庫、福岡、熊本、沖縄

※ 2017年10月現在

日本医療事務協会の講座についてさらに詳しく

ニチイ学館

取得可能な資格 調剤報酬請求事務技能認定
標準学習期間

2ヶ月(2.5時間×8回 or 5時間×4回)

※ 延長制度は無いようです。

受講料(税込)

44,230 円

※ 分割払い可(3・6・10・15回)。

講座の特徴

● 調剤薬局事務に必要とされる知識・スキル(接遇マナー、会計業務、調剤録の作成、調剤報酬請求事務 etc.)が学べます。

● 残念ながら、就職サポートはありません。

開講されている都道府県

北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、新潟、富山、石川、福井、長野、東京、千葉、神奈川、埼玉、栃木、山梨、岐阜、静岡、愛知、三重、大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山、福岡、佐賀、熊本、大分、宮崎、沖縄

※ 2017年10月現在

ニチイ学館の講座についてさらに詳しく

資格スクール大栄

取得可能な資格 調剤事務管理士
標準学習期間 2ヵ月~(回数:14回)
受講料(税込)

59,940円(入学金:21,600円、受講料:38,340円)

※ 教材費(25,164円)が別途必要

※ ローンによる分割払い可

講座の特徴

● 自宅学習(5回)と通学(9回)が合体した講座。

● 受講修了後は就職サポートあり。

開講されている都道府県

北海道、宮城県、青森県、岩手県、福島県、新潟県、富山県、石川県、福井県、長野県、東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、静岡県、愛知県、岐阜県、三重県、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県、広島県、岡山県、山口県、香川県、徳島県、高知県、愛媛県、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

※ 2018年2月現在

資格スクール大栄の講座についてさらに詳しい情報はこちら


調剤薬局事務の通信講座

調剤薬局事務の資格

TOPページへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ