日本医療事務協会 調剤薬局事務 通学講座

医療事務とは

日本医療事務協会の調剤薬局事務 通学講座は最短3日間(5時間×3日間)で調剤薬局事務に必要な「医療保険と薬の知識」「調剤報酬明細書(レセプト)の作成方法」を学べます。

「調剤報酬請求事務技能検定試験」に対応しており、講座受講生の合格率は、90.8%(平成28年度実績)です。

受講後は就職サポートもあるので、就業希望の方は心強いでしょう。

なお、以下の都道府県で開講されています。

北海道 北海道
東北 宮城県、山形県、秋田県、青森県、岩手県、福島県
北信越  
関東 東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、群馬県、山梨県
東海 静岡県、愛知県
関西 大阪府、兵庫県
中国・四国  
九州・沖縄 福岡県、熊本県、沖縄県

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座は通信コースも開講されています。

最短3日で調剤薬局事務に必要な知識・スキルを学べます!

調剤薬局事務に必要なスキル(医療保険と薬の知識、調剤報酬明細書(レセプト)の作成方法 etc.)を最短3日間(5時間×3日間)で習得することができます。

  学習内容
第1回 医療保険の概要、薬剤料の計算
第2回 薬剤の基礎知識
第3回 調剤技術料
第4回 薬学管理料
第5回 レセプトの作成

就職サポートがあります。

① 就職支援部・・・・・北海道、埼玉、東京、千葉、神奈川、愛知、大阪、福岡に就職支援部があります。仕事相談会の開催、お仕事紹介、就業中のフォローなどの支援を受けることができます。

② 就職サポートセミナー・・・・・動画セミナーです。応募書類の作成方法、面接の正しい受け方などを学び、自信を持って就職活動に臨めます。

③ 求人情報配信・・・・・ホームページ(パソコン、スマホ、ガラケー対応)で未経験でも応募できる求人を多数紹介しています。

「調剤報酬請求事務技能検定試験」の合格率 90.8 %!

受講後は日本医療事務協会が実施する「調剤報酬請求事務技能検定試験」を受験します。

試験は学科試験と実技試験(調剤録、レセプト作成)の2本立てで90分の試験です。

講座修了者の合格率は、90.8%(平成28年度実績)です。

検定試験は、年6回(1月、3月、5月、7月、9月、11月)開催されます。

合格保証制度があります。

① 振替受講OK・・・・・急用で授業を欠席した場合、別クラスの授業に振替受講できます。

② 重複受講OK・・・・・1度受講したことのある授業を何度でも受講できます。

③ 1年間授業受け放題・・・・・1年間は授業を受け放題です。

取得可能な資格 調剤報酬請求事務技能検定試験
標準学習期間

2週間 ~ 1ヶ月(3時間×5回)

※ 受講有効期間は1年間です。

受講料(税込)

41,040円

※ クレジットカードによる分割払い可。

開講されている都道府県

北海道、宮城、山形、秋田、青森、福島、岩手、東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、山梨、静岡、愛知、大阪、兵庫、福岡、熊本、沖縄

※ 2017年10月現在

↓ ↓ 資料請求【無料】はこちらからどうぞ! ↓ ↓


調剤薬局事務の通学講座

調剤薬局事務の通信講座

調剤薬局事務の資格

TOPページへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ