医師事務作業補助者(認定医師秘書)講座

TERADA医療福祉カレッジの医師事務作業補助者(認定医師秘書)講座は、NPO法人医療福祉実務能力協会が認定する「認定医師秘書」資格の取得を目指せる通信講座です。

サポート期間が最大1年間なので、余裕を持って学習に取り組めるでしょう。

修了後は就職サポートがある点も心強いでしょう。

「認定医師秘書」資格に対応した講座です。

NPO法人医療福祉実務能力協会が実施する「医師事務作業補助業務実務能力認定試験」に対応した講座です。

試験の合格者には「認定医師秘書」の称号(資格)が与えられます。

初期必須研修32時間を網羅!

厚生労働省指針のプログラムに基づき、初期必須研修で必要な32時間分の内容が網羅されています。

そのため修了時には初期必須研修32時間を修了したことになります。

学習内容は以下の通りです。

学習項目 内容
医療機関内組織 医療機関内組織・委員会/臨床指標(統計・台帳)/病院機能評価/クリニカルパス/医療用語
診療記録と医療人としての接遇マナー及び関連法規 医療情報管理/診療記録/病院における接遇/接遇対応の基本/認定医師秘書™の仕事
電子カルテ 電子カルテ概要/ICD-10(国際疾病分類)/DPC(診断群分類)
個人情報保護 個人情報保護法概要/安全管理/個人情報保護法
医師事務作業補助者の文書作成及び医療保険制度 各種診断書/証明書/申請書
医科薬科学 一般医学/基礎解剖生理学/基礎病理学/一般薬学/基礎薬剤学/基礎薬理学

DVD教材5巻が標準で付きます!

テキストのポイントを集約した講義DVDでテキストを効率よくかつ、ポイントを抑えた学習が可能です。

就職サポートがあります!

就職課が受講生の就職活動をサポートしてくれます(就職斡旋はなし )。

受講生への就業カウンセリングや就職指導、提携人材派遣会社の紹介などのサポートを受けることができます。

取得可能な資格 認定医師秘書
標準学習期間 4~6ヵ月(最大1年間有効)
受講料(税込)

44,000円

※ 教育ローンによる分割払い可

講義教材 DVD教材(5巻)
質問対応 メール、FAX、郵便で何度でもOK
添削指導 6回
就職サポート あり
特記事項  

TERADA医療福祉カレッジ 医師事務作業補助者(認定医師秘書)講座


医療事務の基礎知識

医療事務の資格

医療事務の講座

TOPページへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ