医師事務作業補助者 通信講座

医師事務作業補助者とは、医師の事務作業をサポートする人のことです。

医師の事務作業の負担を減らすことで「医療の質向上」に貢献します。

たのまな(ヒューマンアカデミー)

取得可能な資格 認定医師秘書
標準学習期間 6ヵ月(最大1年間有効)
受講料(税込)

44,000円

※ 教育ローンによる分割払い可

講座の特徴

● 講義DVD(5巻)とメインテキスト(6冊)の充実教材。

就職サポートあり。

● 受講生同士が交流できるコミュニティサイトあり。

ソラスト

取得可能な資格 ドクターズオフィスワークアシスト®
標準学習期間 3ヵ月(最大1年間有効)
受講料(税込)

43,200円

※ ローンによる分割払い可

講座の特徴

● 「医師事務作業補助体制加算」の代替研修になる場合あり(地域による異なる)。

TERADA医療福祉カレッジ

取得可能な資格 認定医師秘書
標準学習期間 4~6ヵ月(最大1年間有効)
受講料(税込) 44,000円
講座の特徴

● 厚生労働省指針のプログラムに基づき、初期必須研修で必要な32時間分の内容が網羅されています。

● テキストに連動した講義DVD(5巻)が付いています。

● 質問はメール・FAX・郵送の方法で何度でも行えます。

ユーキャン

2018年5月現在、休講中です。

取得可能な資格 ドクターズオフィスワークアシスト®
標準学習期間 4ヵ月(最大8ヵ月間有効)
受講料(税込)

45,000円

※ 分割払い・・・・・3,300円 × 14回 = 46,200円

講座の特徴

● 充実した教材で実務に役立つ知識・スキルの習得と資格取得のための学習が可能。

● スマホ、パソコンで学習できるWEBコンテンツあり。

● 教育訓練給付制度の対象講座。


医療事務の基礎知識

医療事務の資格

医療事務の講座

TOPページへ戻る

医療事務の資格を取得するには・・・

 

医療事務の資格を取得するには医療事務講座を開設するスクール(通学・通信)で勉強するのが早道です。

ですが、スクールによって取得できる資格やサポート体制は異なります・・・。

そこで、各スクールの比較が必要になります!

以下に代表的なスクールをご紹介しますので、資料を取り寄せて比較してみてください!

ニチイ ・・・・・開講40年、修了生60万人以上の実績!メディカルクラーク資格の取得を目指せます。就業サポートが充実!

・・・・・医療事務認定実務者(R)の取得を目指せます。

ヒューマンの通信講座 『医療事務』・・・・・医療保険士、診療報酬請求事務能力認定試験の合格を目指せます! 

サブコンテンツ

このページの先頭へ